特集

2021.9.30

わたしの愛用品「ほうき ちりとり」

マーナで働く社員が愛してやまないお気に入りを紹介するコーナー。
第10回は新婚ほやほや、新卒入社の営業担当です。

私の愛用品は「ほうき ちりとり」です。

ほうき ちりとり」は、元々、私の母のお気に入りでした。
以前使っていたものは、ちりとり部分がとても大きくて邪魔なためベランダが定位置。玄関を掃除するたびにベランダに取りに行くのが面倒だったようです。この「ほうき ちりとり」に変えてからは玄関にすっきり置いておけるように。結婚し新居でも取り入れ、私と妻のお気に入りになりました。

最大の特徴は、狭い玄関に置いても邪魔にならないこのコンパクトさ。

これまでは玄関に小さなゴミがあっても、見て見ぬふりをすることも…。
ほうき ちりとり」は、サッと取り出して気軽に掃けるため、玄関まわりやベランダの掃除をする機会が増えました。掃除を始めると、なんとなく他の場所も気になりだして、玄関以外もその時に、ついで掃除をするようになりました。

ブラシのこだわりは毛の角度。斜めにカットされているので、段差や隅も掃きやすいんです。

玄関やベランダは砂ぼこりなどの細かいゴミが多いですが、ちりとりにはゴミが逆流しないよう段差が付いていて、集めたゴミをこぼさずに捨てられる点も気に入っています。

また、薄い楕円の柄は手に馴染みやすく、しっかり握れます。

独身時代は私も妻も実家暮らしで、家事はほとんどしていませんでした。結婚してからは自分たちでやらなければならなくなり、共働きで休みの日が合わない私たちには最初はとても大変でした。

でも「ほうき ちりとり」をはじめ、マーナのアイテムを使うことで、炊事や掃除のちょっとしたストレスが解消されると実感することが増えました。まだまだ家事初心者ですが、面倒な家事も気づいた時に、気づいた方がやるようになりましたし、自分の家事の経験を営業活動にも活かしていきたいと思います。