特集

2022.1.31

買いたての美味しさをキープ「パン冷凍保存袋」

2021年1月に発売した「パン冷凍保存袋」。冷凍してもパンの美味しさをキープする専用袋が2021年のヒットランキングのキッチン部門では堂々1位に輝きました。
(対象:マーナ公式サイト 集計期間:2021/1/1~12/17)

冷凍したパンは買いたてと比べると、風味が落ちたり、食感がパサついたり、冷凍庫の臭い移りが気になったり…、色々と不満が出てしまいますよね。

パンはどのように冷凍していらっしゃいますか?購入した袋のまま冷凍すると密封できずに霜がついたり、1枚づつアルミホイルに包むと良いとも言われていますが、手間もかかるうえ、繰り返し使えないため環境にもお財布にも優しくないですよね。

「パン冷凍保存袋」の美味しさの秘密は、アルミを挟んだ3層構造と上部のダブルジッパー。光・空気・臭いを遮り密封できるため、冷凍時の臭い移りや乾燥を防ぎ、パンの美味しさが損なわれにくいのです。

ユーザーの皆様からは「霜や冷凍庫の臭いがつきません」「冷凍したのに美味しく焼きあがりました」などの反響をいただき、人気が広がっています。

また、袋にパンを入れジッパーを閉めるだけと手間いらず。袋は繰り返し使えます。袋にパンくずなどがついたら、水洗いすればOKですが、買った袋のまま入れればそれも不要です。

そんな「パン冷凍保存袋」に一斤サイズが発売となりました。「もう少し大きくしてほしい」「マチがあったらいいのに」などのお声もあり、「パン冷凍保存袋 一斤」は底マチ付きで、食パン一斤がすっきり入るようにしました。「パン冷凍保存袋」は半斤サイズでしたので、食パンは倍の枚数が入ります。

マチがある分、食パン以外のパンも入れやすくなりました。バターロールやクロワッサンなど、様々なパンの冷凍にもお使いいただけます。

2つのサイズから選べるようになった「パン冷凍保存袋」。保存用の袋を変えるだけで、手間なく美味しく食べられるので、パン好きの方にはもちろん、皆様にお試しいただきたいアイテムです。他にもパン関連のアイテムがありますのでご覧ください。