特集

2019.12.4

構想4年、念願の発売!マウスウォッシュ専用コップ、開発裏話

今回のテーマはマーナならでは、ちょっとニッチな商品です。その名も「マウスウォッシュコップ」。プッシュ式の洗口液に特化したコップです。思いつきから発売までかかった年数はなんと4年!念願の発売までの開発裏話をお届けします。

洗口液や液体歯みがきポンプに掛けて収納できるコップです。便利な計量線付き。

ーーーマウスウォッシュコップはちょっとニッチな商品かなと思うのですが、開発のきっかけはどんなことだったんですか?
もともと我が家では、ずっとプッシュ式の洗口液を使っていて、その時に使用していたのは「歯磨きコップ」でした。でも、常々、洗口液の量に対してコップが大きすぎるな、と感じていて。特に、我が家は歯磨きの際、歯磨きコップを使わずに、手に水を貯めて口をゆすいでいたので、大きなコップは邪魔だなぁと思っていました。そこで、もっと洗口液に合った大きさで、ポンプの部分にかける形のコップを作れたら良いのではと思い、2015年に企画書を出したんですが、あまりにニッチすぎるという理由でNGとなってしまいました。

でも、2019年になって、改めて調べてみると、歯ブラシなどの需要は横ばいなのに比べて、洗口液は右肩上がりに伸びていることがわかって。

ーーーアメリカなどではもっと使われているイメージがありますね。
そうなんです。欧米の方がオーラルケアは盛んで、日本は追いつこうとしているフェーズ。今からどんどん伸びていくことが予想されたので、開発にGOがかかりました。

ーーー時代が追いついてきましたね(笑)。うちも一時期使っていましたが、蓋を開けて使う形式で、面倒くさくて使わなくなってしまいました。
そうなんですよね。プッシュ式は簡単で続けやすい。でも、コップがないから敬遠されるところもあるのではと思います。ご家庭に眠っているマウスウォッシュをこれで目覚めさせて欲しいという思いもありました。

ーーー実際作り始めて、いかがでしたか?
まずサイズの調整が難しかったです。というのも、社内でマウスウォッシュを使っている人に試してもらったのですが、人によってプッシュする力が全然違ったんです。勢いよく押す人は、当初の試作品だと洗口液が顔に跳ね返ってくるという。

ーーー朝の時間にそれは憂鬱になりますね。
そうですよね。そこで、コップの口を狭めて、中をアシンメトリーにすることで中の壁に跳ね返るようしました。

  試作品の数々

ーーーすごい試作品の数々ですね。
大きさや角度を変えて、かなり強くプッシュする社員が納得してくれるまで、何個も試作品を作り、今の形にたどり着きました。

ーーーその他にもこだわったところはありますか?
コップの内側に計量線をつけました。容器に、大体5、6回プッシュをしたら適量だと書いているのですが、いちいちそれを見るもの面倒ですし、大体どのメーカーも同じ量だったのでもっと直感的に使えるように線をつけました。あとはフックの角度ですね。かけた時に、コップのフチがボトル付いてしまうと衛生面で気になります。でも、かといって、離れすぎると拡声器のようになってしまうので、くっつかない程度に角度を調整しました。

ーーーたしかに絶妙にボトルにつかないですね!素材にもこだわりがありますか?
そうですね。洗口液は薬剤なので、繰り返し使っても耐えられる素材を選びました。

ーーー白にしたのも理由が?
半透明も検討したのですが、安っぽさがでてしまう。最近は水周りもインテリアをこだわられる方が多いので、「キレイに暮らすシリーズ」など白いものが人気です。あとは、パッケージの幅を歯ブラシパッケージの幅に合わせているんです。同じような商品はないので、売り場で置いていただきやすいように、とにかく存在を認知してもらわないといけないと思っています。

ーーーたしかに、歯ブラシ売り場にぜひおいていただきたいですね。実際作ってみて、社内での反応はいかがでしたか?
洗口液を使ってない人には、やっぱり「それいるの?」と言われてしまうのですが、使っている人たちにはとっても好評です。今までは旦那さんが直接口に入れて使っていたという方は、このコップの存在で自分も使うようになったといってくれました。蓋がコップになっている洗口液を使っていたというスタッフから、この商品をきっかけにすぐプッシュ式に切り替えた!という声もありました。

ーーーうちも、これがあるならプッシュ式に切り替えよう、と思いました。
あとは、携帯の歯磨きコップにもいいよね、という意見も。帰省する時に、使い慣れた自分用のコップとして使っているそうです。歯磨き後に口をゆすぎすぎるとフッ素も取れてしまいますから、この小さいサイズがちょうど良いんですよね。

それで、パッケージにも小さく「歯磨きコップとしても」と書いているんですよ。

ーーー本当ですね!
でも、マーナには携帯専用のコップもありますし、そちらの方が携帯用コップとしては機能的に優れているので、控えめなアピールとして。

ーーーでは、最後に、ひとことお願いいたします。
洗口液の市場が伸びてきた要因として、女性が使われることが増えたことがあります。それは、仕事をする人が増えたことが関係あるのかもしれません。女性たちがもっと気軽にオーラルケアできる助けになったら嬉しいなと思っています。ぜひ、使ってみてください。